水着や下着になった時に非常に目立ってしまう

普段は気にならないけれど、
水着や下着になった時に非常に目立ってしまうのが乳首が黒ずんでしまうことです。

 

デリケートな場所であるため、消す方法もわからず悩んでいる人も多いようですが、乳首に黒ずんでしまう原因とはどんなことなのかご存知でしょうか。

 

乳首のピンクで考えられる原因はいくつかあります。

 

まずは、下着や洋服などによる摩擦でピンクになってしまう場合です。
乳首は常に下着やズボンなどに触れているため、刺激を受けやすい場所とも言えます。
肌は刺激を受けると、肌を守ろうとしてメラニンを生成し、それが色素沈着を起こすことでピンクができてしまいます。

 

また、ムダ毛の自己処理などによっても刺激を受けることでピンクができるほか、妊娠や出産、生理不順などでホルモンバランスが崩れることによっても色素沈着を起こし、乳首が黒ずんでしまう原因となるのです。

 

乳首のピンクを消す方法として有効なのは、美容皮膚科や美容クリニックなどで処方される漂白効果の高いハイドロキノンや、ビタミンA誘導体であるトレチノインの外用薬を塗ることです。

 

そのほかの消す方法として、抗酸化作用が強いビタミンCやビタミンE、トラネキサム酸などの内服薬を服用することもピンクを消す方法として良いとされています。

 

消す方法として大切なことは、自己判断で決めずにきちんと医師の診断のもとで改善する治療を受けることです。
刺激になりやすいカミソリや毛抜きでのムダ毛の処理も避けるようにして、乳首のピンクを改善していきましょう。